名医が教えてくれた”わきが”改善法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。

薬用ネオテクト

わきがが気になる、速攻で臭いをどうにかしたい

もしあなたが、そうお考えならネオテクトがおすすめです。

消臭スプレーや制汗スプレーでは消せきれない臭いを消してくれます。

わきがが治るわけではありませんが、自分の臭いを消してくれるので、持ち歩いて気になったら塗れば臭いを発生する原因菌を殺菌、そして消臭してくれます。

今なら限定でお試し価格で購入可能です。


わきが治療

 わきが治療というと、皮膚科や形成外科、美容外科で行う手術が一番に考えられます。
 わきがの手術は方法や施術する病院によっていろいろですが、基本的には自由診療のため高額になってしまいます。

 まだ手術をするほどでは・・・・とお考えでしたらDrアロマランスがおすすめです。原因菌の99%を殺菌できるので朝と夜に少し塗るだけで驚くほど臭いを軽減してくれます。

 完璧に治療したいとお考えでしたら、専門の病院で手術を受けることになります。ただ気にしすぎの場合もあるので、皮膚科などで相談するといいでしょう。皮膚科では手術よりまずは薬による処方を進めてくれます。処方薬には、汗を抑える飲み薬や、ワキの消毒を行う塗り薬などが出されます。これは医療保険適用の場合が多いので、ビックリするほど高い費用がかかることはありません。飲み薬や塗り薬でも改善しない場合には手術を考えるべきかもしれません。皮膚科で相談して手術が必要かどうかを考えましょう。

 

ドクターアロマランス口コミ

敏感肌な私が安心して使える商品
若い頃から敏感肌で乾燥が激しい肌
特にわきの臭いがきつく接客業をしている私にとっては死活問題でした。
ネットでわきがについて調べてると偶然に見つけた商品がドクターアロマランスでした。
医療関係者の研究でつくられたドクターアロマランスを購入し試してみることにしました。
朝出かける前に塗って昼過ぎには気になっていたあの臭いがしない!!
最初はウソ!!と思うほどでした。
敏感肌で乾燥がひどい私が塗ってもかゆみも出ない!
いままで何を試しても続かなかった私これなら簡単に続けれると思いました!
家に帰ってその日のうちに定期購入を申し込みました。
本当にドクターアロマランスに出会えてよかったです。

という購入者の声もあるくらい効果が期待できます。
ドクターアロマランス

わきがの原因とは

わきの下にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺と、皮脂腺という分泌腺があります。わきがはこれら分泌液や皮膚の雑菌などとからんで生じるもので、単に汗が原因ではありません。

エクリン汗腺から出る汗は運動時や暑いときなどの体温調節のためのものです。臭いはなく99%が水分で、1%が塩。体温を発散・調節するという役目をもっています。
一方のアポクリン汗腺は粘り気があり、脂肪、鉄分、蛍光物質、アンモニアなどからできています。この汗自体はにおうものではありませんが、汗の成分が細菌によって分解されたときに独特の臭いを発します。もともとはフェロモンのように異性をひきつける働きがあったといわれています。(思春期頃まではアポクリン線が未発達のため臭いが目立たちません)

皮脂腺はアポクリン腺と同様に毛穴と直結しています。皮脂と呼ばれる脂肪分を分泌し、この皮脂の中に数種類の脂肪酸が含まれています。
これらエクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺から出た汗や油分が混ざり合い、雑菌によって分解され、低脂肪酸やアンモニアなどに変化すると独特の臭いを放つわきがになります。

わきがになりやすい人

消臭クリーム

★遺伝的体質
わきがになりやすい人にまずよく見られるのは、遺伝的な要因で生まれつきアポクリン汗腺が発達している人です。
これはアポクリン汗腺の形が大きくてその数も多く、汗の分泌機能が高いという特徴があります。汗の分泌量が多いとそれに比例して汗の分解されるため、その分解量に応じた体臭が発生することになります。
ワキの下のアポクリン汗腺の発達により汗の分泌機能が高まるのですが、これは8割が遺伝であると言われています。

★ワキ毛の濃さ多さ
ワキ毛が濃くて多い人もわきがになりやすい人だと言われています。ワキ毛が多いと、ワキの下の通気性が悪くなって湿度が高くなるためわきがになるリスクが上がります。
また、ワキ毛が多く濃い人で「多汗症」を併発している人にもわきがの症状が多く見られます。汗の分泌量が多いと体臭もキツくなるということですね。
多汗症にはアポクリン汗腺の汗だけでなくエクリン腺からの汗も関係しているので、ひどい多汗症の人にわきがの人は少ないようです。

★ストレス
心理面からストレスを受けやすい人もわきがになりやすい人です。
精神的な緊張や興奮によってアポクリン汗腺から汗が分泌されるますが、このことからストレスを 受けやすい人はアポクリン汗腺からの発汗作用が促進されて、ワキの下の臭いが強くなると考えられています。

わきがケア商品

わきが予防

わきがの予防で最も効果的な方法は、食生活の改善です。

わきがの悪臭の原因となるアポクリン腺は、肉や動物のタンパク、脂肪成分によって活発化されます。

肉中心の食事よりも、野菜中心の食事を摂ることによって、わきがが改善されるのです。
野菜中心の食生活をし、肉や魚など、バランスよく色々なものを食べる事がわきがの予防に効果的であると言えるでしょう。

他にもわきがの予防として、不規則な生活をしない事や、日ごろから運動をして汗をかくという事があります。

不規則な生活については様々なデメリットがありますので、わきがの予防以外においても即改善すべきでしょう。

普段あまり汗をかかない人がたまに汗をかくと成分が濃くなると言われ、悪臭を放ちやすくなります。

反面、定期的に運動をして汗をかくと、成分が薄くなると言われています。

結果的に普段から汗をかく事がわきがの予防になるのです。

体を清潔に保つこともわきが予防の一つとして忘れてはいけません。

イオントフォレーシス

イオントフォレーシス(イオン浸透療法)とは、汗の量を減らすための治療法です。

多汗症の部位を水道水に浸し、それに弱い電流を通じて行ないます。
治療を行なえる部位は、手のひら、足の裏、わきの下の3ヶ所です。

2週間連日治療を行うとほぼ汗がでなくなります。しかしこれで中断すると元に戻ってしまいますので1〜2週間に一度の割で治療を継続する必要があります。

、「電気分解により陽極側に生じた水素イオンが汗腺分泌部のイオンチャンネルをブロックする。つまり、汗腺細胞の細胞膜のイオンの出入りを阻害し汗を生成させなくする」という原理なのだそうですが、学会では説明不足として、その効果を疑問視する声もあります。

ボトックスと同じく手術なしで多汗症やわきがを抑えることが技術として注目されています。しかし、治療を継続しないと元に戻る、
100%効果があるとは言い切れないと言ったデメリットもあります。

塩化アルミニウム水溶液を使った療法というのもこれと同じ原理となります。

病院できちんとした話し合いを経て、この治療法を試すことをお勧めします。



デオドラント剤に頼り過ぎない

一般的な制汗剤では塩化物や硫酸化物、タンニンが含まれており、殺菌剤には過酸化亜鉛、硫酸オキシキノリン、ヘキシサミンなどの物質が含まれています。そのため、使いすぎると湿疹やかぶれなどの皮膚障害を起こす可能性があるだけではなく、皮膚呼吸を阻害するので、最悪の場合黒ずみや色素沈着を起こすことがあるとされています。

こういった制汗剤などは、一時的にニオイを和らげることができたとしても、その効果は持続的ではなく、さらには制汗剤の香料などと混じりあうことで更なるニオイの発生に繋がることも懸念されます。ニオイの原因が存在している以上根本的な解決はできるものではありません。

においは毎日変わる?

わきがにおいの関係

体臭は日ごとに変化します。たとえば、乳製品や油っこい食事をとれば、アポクリン汗のなかの脂肪量が増えるため、ニオイがきつくなります。また、女性の場合はホルモンバランスによって体臭が変化します。黄体期はニオイが強く、妊娠するとニオイが弱まり、産後にニオイがきつくなるといったケースが多いようです 。

超音波手術

超音波治療は、皮下組織全体に超音波を当てるだけで血管や神経を傷つけずに汗腺類のみを破壊することができます。その理由は体内組織それぞれ固さが違い、それをうまく利用するからです。脇の皮下組織は弾力性のない固い汗腺類と、豊かな弾力性を持つ血管や神経に分かれています。

超音波の振動エネルギーをまともに受けてしまう固い汗腺類は破壊され、逆に血管神経系組織は自身の弾力で振動エネルギーをかわすため破損されないのです。適切な周波数を個体それぞれに合うよう調節するのは技量を要しますが、狙ったターゲットのみを破壊するため、安全で且つ治療効果があるといえるでしょう。